So-net無料ブログ作成

苫小牧での炭酸ガスの地中貯留実験 [気象・地震]


苫小牧での炭酸ガスの地中貯留実験による人災 鳩山元首相

知名度の高い人のツィートは、影響力もあり都合の悪い場合は
やり玉に挙げられる。

鳩山元首相は自身のツイッターで
(厚真町は)本来地震にほとんど見舞われなかった地域。苫小牧での炭酸ガスの
地中貯留実験による人災と呼ばざるを得ない」と主張

--
しかしCCS実証試験、胆振地方中東部を震源とする地震が発生したが、全設備に
異常がないことを確認し安全に操業を継続しています、とはどういうこと?

気象庁の会見での「この活動は当分続くとみられ、・・警戒を呼びかけている。」のと、
CCS実証試験の「安全に操業を継続しています」が妙に引っ掛かる。

CCS実証試験
2019年02月20日
二酸化炭素の圧入を2月19日(火)から再開致しました。

2019年02月22日
2019年2月21日(木)21時22分、胆振地方中東部を震源とする地震が発生しましたが、
CCS実証試験の全設備に異常がないことを確認し、安全に操業を継続しています。

--
昨年の記事
苫小牧でCO2の地層圧入20万トン以上 voice74

CO2を地中に貯留すると、何が起こるか voice74

---
2019/02/22
北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ
「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も headlines

21日夜に北海道で最大震度6弱を観測した地震を巡り、SNS(ソーシャル・ネットワーキ
ング・サービス)を通じ「5、6時間後に本震が来る」「中国の地震兵器の実験が原因」な
どと根拠のないデマが流れたとして、道警が警戒を呼びかけている。道警がデマ情報と認
定した中には、鳩山由紀夫元首相のツイッターに投稿された内容も含まれていた。

鳩山元首相は21日夜の地震直後、自身のツイッターで

「(厚真町は)本来地震にほとんど見舞われなかった地域。苫小牧での炭酸ガスの
地中貯留実験による人災と呼ばざるを得ない」と主張。

これに対し、インターネット上で「被災者を不安に陥れる。今すぐ削除すべきだ」
「震災デマだ」などと批判が殺到した。

道警は22日午後2時までにこのツイートを含め、サイバーパトロールで16件の「流言飛語」
を確認したと明らかにした。道は「公的機関の発表する情報を確認してください」と呼び
かけた。

多くは悪質ないたずらとみられるが、昨年9月の北海道胆振(いぶり)東部地震でも、大
規模な地震の「予告」や断水、携帯電話などに関する誤った情報が多く拡散されていた。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。