So-net無料ブログ作成

犬猫にマイクロチップ義務付け [動物]

マイクロチップは直径2ミリ、長さ12ミリ程度
マイクロチップの耐久年数は30年程度、一度埋め込むと半永久的

--
ついに犬猫に義務付けときた・・
いずれは人体にも?予行演習?

---
20190612
犬猫にマイクロチップ義務付け虐待罰則も強化-改正動物愛護法成立
headlines.yahoo

犬や猫に所有者の情報を記録した「マイクロチップ」装着を義務付けることなど
を柱とする改正動物愛護法が12日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。


飼い主がペットを安易に捨てることを防ぐほか、災害などで迷子になった際に
役立つ。生後56日以内の犬や猫の販売禁止や動物虐待への罰則強化も盛り込まれ
た。改正法は議員立法。


マイクロチップは直径2ミリ、長さ12ミリ程度の円筒形で、獣医師が注射器で犬や
猫の体に埋め込む。記録された15桁の番号を専用の機械で読み取ると、飼い主の
情報と照合できる。


改正法は、犬や猫の販売業者に対し、マイクロチップの装着と所有者情報の環境
相への登録を義務付ける。登録された犬猫を購入した飼い主には、情報変更の届
け出を義務付ける。既に飼っている人には、装着の努力義務を課す。

改正法は他に、出生後56日(8週)たっていない犬や猫の販売を原則禁止。
現行法にも同じ規定はあるが、ペット業者らの要望を踏まえ、経過措置として
「49日(7週)」とされていた。


動物の虐待への罰則も強化。現行は、動物を殺傷した場合「2年以下の懲役または
200万円以下の罰金」を科しているが「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」
に引き上げる。

原則、公布から1年以内に施行するが、マイクロチップの義務化は3年以内、
「56日」規制は2年以内とする。 

---
【迷子猫・迷子犬対策】マイクロチップ装着のメリットと費用
axa-direct

マイクロチップってなに?

マイクロチップ.JPG


動物に埋め込むマイクロチップは、長さ8mm~12mm、直径2mm程度の円筒形で、
アンテナとICを内蔵している「電子タグ」です。15桁の固有の数字がデータとし
て記憶されていて、「リーダー」と呼ばれる専用の読取機を使ってそのデータを
読み取ることができます。

ペットにマイクロチップを装着していれば、迷子や災害などで飼い主さんと離れ
離れになった動物が保護された際、自治体や動物病院がリーダーでマイクロチッ
プの情報を読み取り、すぐに飼い主さんに連絡をとることができます。

マイクロチップの耐久年数は30年程度で、作動に電池は必要ありません。途中で
交換する必要はなく、一度埋め込むと半永久的に使用できます。


マイクロチップの普及率は年々増加

マイクロチップは、犬や猫、ハムスターなどの小動物に埋め込んで装着すること
ができます。動物園や水族館では哺乳類のほか、爬虫類や魚類などほとんどの
動物 にマイクロチップが装着されていますが、一般の家庭で飼育されているペッ
トにマイクロチップを使用している例は、まだそれほど多くはありません。

環境省の調査によると、ペットの所有者表示の方法として、連絡先を記入した
首輪や名札を装着している人が合計85.4%であったのに対し、マイクロチップを
選択している人はわずか7.8%(2011年度)。

しかし、マイクロチップ装着を推進する自治体も多く、補助金なども交付されて
いるため、装着率は年々増加しています。

マイクロチップの情報を登録する「動物IDデータベースシステム」には、
2010年度末時点で450,414件であった登録が、今ではその約3倍となる1,352,092件
が登録されています

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。