So-net無料ブログ作成

M7.3、M6.6地震とハリケーン「バリー」 [気象・地震]


インドネシア、ハルマヘラでM7.3
地震が珍しい地域 豪でM6.6

二つの地震は環太平洋でも近い位置
4時間弱の間隔で起き、いずれも10Kmと浅い。

東シナ海から南シナ海、MIMICで見る電磁波の
南北によく走る領域でもある。

--
西太平洋で台風の発生がない中
米国ルイジアナ州沿岸に上陸したハリケーン「バリー」

「バリー」上陸前、米ルイジアナ州 で巨大な水上竜巻
youtube

---
Buzz Wild Topics
2019/07/14

巨大ハリケーン「バリー」米本土に上陸、各地に甚大な被害

2019年7月13日、ハリケーン「バリー」が米国ルイジアナ州沿岸に上陸した。
ニューオーリンズの空港は閉鎖され、数千人が避難、ルイジアナ州では数万人
規模が停電に見舞われた。

各地で洪水も発生しており数百万人が被害にあっているという。
バリーは今後、勢力を弱めながらも北北西へ向かって更に被害規模が拡大する恐
れがある。


---
2019/07/14
インドネシアでM7.3の地震
weathernews

日本時間の7月14日(日)18時10分頃、インドネシア付近で規模の大きな地震が
ありました。

詳しい震源の位置は、インドネシア、ハルマヘラで、地震の規模(マグニチュード)
は7.3と推定されます。
※震源は米国地質調査所国立地震情報センター(USGS,NEIC)による。

震源の近傍で津波発生の可能性があります。
この地震による日本への津波の影響はありません。

---
2019/07/14
オーストラリアでM6.6の地震 地震が珍しい地域
weathernews

日本時間の7月14日(日)14時39分頃、オーストラリア付近で地震がありました。
詳しい震源の位置は、オーストラリア、ウェスタンオーストラリアで、地震の
規模(マグニチュード)は6.6と推定されます。

※震源は米国地質調査所国立地震情報センター(USGS,NEIC)による。

地震の規模から、津波による被害のおそれは無いものとみられます。また、
震源が沖合であったため、陸地で被害が出るほどの揺れは無かったものとみられ
ます。


周辺でM6級の地震は22年ぶり

今回の地震の震源は、プレート境界から遠く離れていて、地震の発生頻度の少
ない領域です。

USGSの記録による過去の地震の震源分布を見ると、オーストラリアの北の白い
点の密集しているプレート境界周辺と比べ、今回の地震の震源周辺は著しく地震
が少ないことがわかります。

震源が浅いことから、活断層型に近い種類の地震と見られます。

この領域で発生したM6以上の地震は、1997年に発生したM6.3の地震以来22年ぶり
となります。この時の震源も400km程度離れていて、関連は無いものとみられます。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。