So-net無料ブログ作成

纏まりのない台風5号 [気象]


選挙日の21日は広く曇りですが、台風が予報円の東寄りに
進むと、西日本を中心に雨となる可能性

--
台風情報に衛星写真を重ねて見ると台風の雲が分かれている。

崩壊台風.JPG

台風の勢力は上昇しないけれども、この台風が壊れたような
状態で北上しても梅雨前線が活発化して大雨を降らす。

--
電磁波がブロックされ台風の様をなさなくても
梅雨前線を活発化させ大雨を降らすことになる。

こんな意図を感じさせる纏まりのない台風5号


---
2019年07月17日
18日から20日 九州 台風と梅雨前線に警戒
tenki.jp

18日(木)から20日(土)は、台風5号の北上に伴い、梅雨前線の活動が活発になる
見込みです。九州は20日(土)にかけて、台風と梅雨前線に伴う梅雨末期の大雨に
警戒して下さい

---
2019年07月17日
週間 台風北上で大雨も 選挙への影響は?
tenki.jp

今週いっぱいは広い範囲で曇りや雨が続きそうです。
台風の進み方や梅雨前線の活動によっては、沖縄や西日本で大雨となるおそれも。

また、21日(日)は参議院議員通常選挙の投票日ですが、当日の天気が気になる
ところです。



沖縄は台風の影響を受ける

台風5号は、今後発達しながら北上する予想です。
あすからあさって19日(金)にかけて、先島諸島に接近するでしょう。

先島諸島や沖縄本島では雨や風が強まり、あすは先島諸島では最大瞬間風速30メ
ートル、沖縄本島でも25メートルの暴風が吹くおそれがあります。


西日本で大雨のおそれも

この先も北海道を除いて、曇りや雨の続く所が多いでしょう。

台風5号の北上だけでなく、台風周辺からの暖かく湿った空気が本州付近に
流れ込む影響で、20日(土)頃にかけては西日本付近で梅雨前線の活動が活発化し、
大雨となるおそれがあります。


21日(日)は参議院議員通常選挙の投票日です。
天気によって投票率が左右されることがあり、雨の日だけでなく、意外にも晴れ
の日も投票率が上がらないことがあるというデータも。

一説には、晴れると投票よりも行楽に出かけてしまう傾向があるため、
と言われています。ちなみに、21日は広く曇りですが、台風が予報円の東寄りに
進むと、西日本を中心に雨となる可能性があります。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。