So-net無料ブログ作成

入浴中の熱中症8割超 [健康]


高齢者入浴中の事故はヒートショックの症状と結びつけて語られてきたが
熱中症による体温の上昇で意識を失った可能性を指摘。

入浴の際にはヒートショックの危険性が指摘されてきたが、
定説が覆る可能性。

「高齢者は神経系の老化で熱さを感じにくく、長時間浴槽につかる傾向
にあり、熱中症の初期症状が出ないまま意識障害に陥ることも多い」と説明

---
2019/07/08
高齢者入浴中の事故、熱中症8割超 ヒートショックは1割未満
headlines.yahoo

入浴中に浴槽で体調を崩した高齢者のうち、8割以上が熱中症かその疑いのある
ことが7日、千葉科学大の黒木尚長(ひさなが)教授(法医学・救急救命学)の
調査で分かった。

急激な温度差が体に悪影響をもたらす「ヒートショック」は1割未満だったこと
も判明。死亡事故の場合も同じ傾向があるとみられる。入浴の際にはヒートショ
ックの危険性が指摘されてきたが、定説が覆る可能性が出てきた。

厚生労働省の人口動態統計によると、平成28年に不慮の事故で溺死した高齢者
は6759人。病死だったケースも含め入浴中の事故死は1万7千人との推計も
あるが、詳細を分析した調査はほとんどなかった。

黒木氏は29年12月、65歳以上の男女3千人を対象にインターネットで入浴
に関するアンケートを実施。入浴中に具合が悪くなった人は10・8%に上り、
症状などから熱中症が62・2%、熱中症の疑いが22・0%だった。

ヒートショックの疑いは入浴前後を合わせても7・1%にとどまった。

黒木氏によると、体温37度の人が全身浴をした場合、湯温が41度だと33分、
42度だと26分で体温が40度に達する。

この結果、入浴中であっても重度の熱中症の症状が出て、意識障害を生じるリスク
が高まる。そのまま入浴を続け、体温が42・5度を超えれば突然死することもあ
る。

黒木氏は「高齢者は神経系の老化で熱さを感じにくく、長時間浴槽につかる傾向
にあり、熱中症の初期症状が出ないまま意識障害に陥ることも多い」と説明。

予防には湯温41度以下、入浴時間10分以内を目安とするほか、こまめに体温
を測ることも有効だという。

一方、黒木氏は23~27年に大阪市内で起きた入浴中の事故死のうち、大阪府
監察医事務所が取り扱った2063人の死因を分析。心臓や脳の疾患を含む病死
が74・8%、溺死が17・1%で、熱中症は2・2%だった。

入浴中の突然死の場合、解剖しても慢性疾患以外の所見を見つけることは困難だ
といい、黒木氏は「病死と判断せざるを得ないのも仕方なく、ヒートショックの
症状と結びつけて語られてきた。

こうしたケースも大半が熱中症だった可能性が高い」と訴える。

28年に大阪市の住宅の浴室で80代の夫婦が死亡していたケースでは、大阪府
警の司法解剖の結果、死因は溺死だったが、熱中症による体温の上昇で意識を失
った可能性が指摘されていた。

コメント(0) 

やはり冷夏 [気象]


エルニーニョ現象が9月にかけて続く可能性は80%、
10月まで続く可能性は70%というエルニーニョ「夏超え」

西日本の日本海側では雨が多くなる傾向

日照時間も平年並みか少なくなる予想で
農作物への影響が懸念される

--
ウェザーニューズによる今年の台風の傾向が出ており
7〜8月の夏台風は「縁辺流」に乗って沖縄や大陸、朝鮮半島に向かい
9月以降に台風は東寄りに進路を変え、本州付近に近づくと。ヤルキ満々。

---
2019/07/08
9月台風、接近・上陸に注意 長寿化で災害リスクも
news.goo

これから発生する台風のうち9月の台風が本州付近に接近・上陸しやすくなるとの
予測を、気象情報会社ウェザーニューズ(千葉市)が明らかにした。

エルニーニョ現象の影響で発生から消滅までが長い「長寿台風」になる恐れもあ
り、進路予測に注意が必要という。

同社によると、今シーズンは太平洋高気圧の西への張り出しが強く、北への張り
出しは弱いとみられている。

台風は移動能力が低く、進路は周辺の気圧配置などの影響を受ける。7〜8月の夏
台風は「縁辺流」に乗って沖縄や大陸、朝鮮半島に向かいやすい。

9月以降に台風は東寄りに進路を変え、本州付近に近づくことが増えるという。

---
2019年7月4日
「やはり冷夏」気象庁が1カ月予報
excite

気象庁は4日、この先1ヶ月間は、北日本から西日本にかけて気温が低くなる
という予報を発表した。オホーツク海高気圧からの冷たい空気や、曇りや雨の日
が多くなる見通しだ。


発表によると、今月6日から19日までの2週間は、沖縄・奄美を除く北、東、
西日本の広い範囲で、前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べて
曇りや雨の日が多くなると予想されている。

7月20日から8月2日にかけての2週間は、北日本では天気が数日の周期で変わ
りやすいものの、梅雨明けを迎えた東・西日本では晴れの日が戻ってくる見込み。

これにともなって、日照時間も平年並みか少なくなる予想で、
農作物への影響が懸念される。

---
2019年04月10日
エルニーニョ「夏超え」の可能性が高い 気象庁「今年は冷夏か?」
hazardlab

世界中で異常気象を引き起こす原因だと考えられている「エルニーニョ現象」
について、気象庁は10日、9月を過ぎても続く可能性が高いという見通しを示した。

エルニーニョ現象は、太平洋赤道域から南米ペルー沖にかけての海面水温が平年
より高くなる現象で、いったん発生すると、日本を含め世界各地で異常気象によ
る災害や干ばつなどを引き起こすと考えられている。

気象庁によると、3月の海面水温は、基準値に比べて0.8℃高く、太平洋赤道周辺
の海面水温は、インドネシア付近を除いて、ほぼ全域で平年より高かった。

赤道に近い日付変更線付近の対流活動は平年より活発で、太平洋の中部から東部
にかけて見られる暖水は今後、さらに東に進むと予想される。

気象庁はエルニーニョ現象が9月にかけて続く可能性は80%、10月まで続く可能性
は70%だと予想している。

エルニーニョが発生すると、一般に夏の平均気温は低くなり、西日本の日本海側
では雨が多くなる傾向がある。

コメント(0) 

太陽系の常識は通用しない [宇宙]


系外惑星GJ 3470 bの大気組成
水素やヘリウムといった軽い元素で、太陽系では木星のような大気。
木星に似た系外惑星は「ホット・ジュピター(熱い木星)」と呼ばれている。

系外惑星GJ 3470 bの重さは地球の12.6倍だが
太陽系の常識は通用しない大気組成

--
天の川銀河で同程度の質量を持っている系外惑星は全体の8割に達する
とも予想されているが、大気組成から想像するに、天の川銀河でもこの地球が
特殊な環境にあることも想像できる。

--
こぞってこの地球に住むようになって、昨今の「太陽の周りにUFOと思しき物体
が確認されているのも、まだ太陽系から外に出れない我々人類の進化度合いを、
見に来ているともとれる。

また太陽系の常識は通用しない大気組成から、太陽系地球の常識は非常識!
驕り高ぶる地球人への強烈なインパクトではないか。

地球は宇宙の動物園とはよく言ったもので、太陽系の常識から脱皮し
宇宙の常識レベルになって初めて、動物園から解放されるのかも知れない。

地球人の常識はまだ非常識、と系外惑星からは思われていることだろう。
しかし進化度合いを見に来ているとすると、期待されている動物園の
人類なのだろう。

---
2019/07/07
太陽系の常識は通用しない。
系外惑星「GJ 3470 b」の凄まじい大気組成が判明
headlines.yahoo

NASAのジェット推進研究所(JPL)は7月2日、NASAの宇宙望遠鏡「ハッブル」や
「スピッツァー」を使ったBjorn Benneke氏らによる研究によって、系外惑星の
大気組成を初めて詳細に観測したと発表しました。

観測の対象となったのは、「かに座」の方向およそ97光年先にあるM型の恒星「GJ
3470」を3.3日で公転している系外惑星「GJ 3470 b」です。

GJ 3470 bは主星であるGJ 3470にあまりにも近いため、加熱された大気が宇宙空
間に脱出し続けていると見られています。


今回Benneke氏らは、GJ 3470 b(系外惑星)がGJ 3470(主星)の手前を横切る
「トランジット」を12回、主星の後ろに隠れる「食」を20回に渡り観測。

その様子を「分光法」という光を波長ごとに調べる手法を用いて解析することで、
GJ 3470 bの大気組成を調べることに成功しました。


その結果、当初は水蒸気やメタンが存在する海王星のような大気(酸素や炭素と
いった比較的重い元素を含む)が予想されていたものの、実際には水素やヘリウ
ムといった軽い元素でできた、太陽系では木星のような大気を持っていることが
判明しました。

主星の非常に近くを公転する木星に似た系外惑星は「ホット・ジュピター(熱い
木星)」と呼ばれています。

木星のようなガス惑星は主星よりも離れたところで形成されると考えられており、
ホット・ジュピターは誕生後のガス惑星が主星の近くまで移動したものであると
されてきました。

しかし、岩石のコアを持つと予想されているGJ 3470 bはそのような移動を経験し
ておらず、今日観測されている場所で誕生したと見られており、太陽系の惑星と
はまた違った過程を経て今の姿になったようです。

Benneke氏によれば、太陽の半分の重さを持つGJ 3470がまだ若いうちに原始惑星
系円盤から水素やヘリウムを急速に取り込んだとすれば、GJ 3470 bの大気組成の
謎を説明できるといいます。

なお、GJ 3470 bの重さは地球の12.6倍で、海王星(地球の17倍の重さ)よりも
軽め。

以前その灼熱ぶりを紹介した際には「ホット・ネプチューン(熱い海王星)」と
呼びましたが、重たい地球タイプの系外惑星を指す「スーパーアース」に分類さ
れることもあるようです。

分類が難しい微妙なサイズですが、天の川銀河で同程度の質量を持っている系外
惑星は全体の8割に達するとも予想されており、実はありふれた重さの系外惑星な
のかもしれません。

コメント(0) 

欧州全体が暑くなっている [気象]


史上最高気温が続々と・・

冷房など不要で暑さに不慣れな国々が熱波に襲われ死者が出る事態
冷房のある家庭はフランスでは5%未満、ドイツでは2%未満

・昨年、スウェーデンで700人、デンマークで250人以上が死亡
・ヨーロッパ、2003年の熱波で、7万人以上の死者
・2010年には、ロシアだけで5万6000人の死者

--
北極では特に温暖化が進行し、海氷が失われるせいで、本来のジェット気流の
パターンが変わってしまっている。

「ジェット気流は、北極の冷たい空気と熱帯の暑い空気との温度差によって生じる。
昨冬、観測史上最も少ない氷量を記録した北極では、この温度差が小さくなり、
ジェット気流の速度が低下しているのだ」

「緩やかに流れる川のように、遅いジェット気流は蛇行を深め、夏の間、場合によ
っては数週間にもわたって同じ場所に留まる」

--
北極海の氷が融解することで、北極の気圧配置が変わり大陸への吹き出しが
変わるという知見は早い時期に得られていたが、この影響が顕著にでている。

そして「北極圏監視評価プログラム(AMAP)」の科学者たちは
北極は、もう後戻りできない」と警告する報告書を出している。


---
20190703
仏が史上最高45.9℃を記録しただけではない、
欧州全体が暑くなっている
headlines.yahoo

過去500年で最も暑かった夏トップ5がこの15年に集中

ヨーロッパが暑くなっている。

2019年6月はまたもや熱波に襲われ、死者が出る事態となった。フランス、ドイツ
、ポーランド、そしてスペインの一部で38℃超を記録し、6月28日には、フランス
で観測史上最高となる45.9℃まで気温が上昇した。

同じことは昨年も起こっている。記録的な暑さによって、スウェーデンで700人、
デンマークで250人以上が亡くなったのだ。気候変動を原因とする異常気象の時代
に突入する前には、冷房など不要だった国々である。

ヨーロッパで過去500年のうち最も暑かった夏のトップ5は、すべてここ15年以内
だ(今年は含まない)。いずれにおいても死者が出た。最悪だったのは2003年の
熱波で、7万人以上が亡くなっている。
2010年には、ロシアだけで5万6000人の死者が出た。


ジェット気流が遅くなって

米ペンシルベニア州立大学のマイケル・マン氏によると、こうした極端な暑さは
ジェット気流(西から東へと吹く上層気流の帯)と関係があるという。

マン氏は2018年に執筆した論文において、昨夏の北半球における歴史的干ばつ、
熱波、山火事、洪水を、ジェット気流の速度低下と関連付けた。

今年、インドのモンスーンの雨量が少なかったことや、広く米国中西部で洪水が
起こったことも、同様の理由によると考えられている。

「ドイツ、ポツダム気候影響研究所(PIK)の仲間たちも、まさに今ヨーロッパで
起こっていることの原因はこれだと立証しています」。マン氏はメールでそう
回答する。

北極では特に温暖化が進行し、海氷が失われるせいで、本来のジェット気流のパ
ターンが変わってしまっている。そう話すのは、オランダ・アムステルダム自由
大学およびPIKのディム・カウムー氏だ。

ジェット気流は、北極の冷たい空気と熱帯の暑い空気との温度差によって生じる。
昨冬、観測史上最も少ない氷量を記録した北極では、この温度差が小さくなり、
ジェット気流の速度が低下しているのだ。

緩やかに流れる川のように、遅いジェット気流は蛇行を深め、夏の間、場合によ
っては数週間にもわたって同じ場所に留まる。

熱波であれ、豪雨であれ、気象パターンも共にその場に留まることになる。


現在、インドでは1カ月にわたって熱波が居座り続け、気温も51℃を記録している。
それに比べれば、ヨーロッパの気温は大したことがないかもしれない。

だが、ほとんどのヨーロッパ人、特に北部在住者は、30℃を超えるような気温に
は不慣れである。冷房の存在はいまだに珍しく、例えばフランスでは5%未満、
ドイツでは2%未満の家庭にしか冷房は設置されていない。


都会の熱帯夜

PIKのユルゲン・クロップ氏によれば、ヒートアイランド現象のため、ヨーロッパ
都市部で猛暑となる日は、郊外に比べて2倍近くの数になる。

日中に熱を吸収したコンクリートやアスファルトは夜になると熱を放出するので、
都市部の気温はなかなか下がらない。二酸化炭素排出量を大幅に削減しなければ、
今世紀末には猛暑の日が10倍にもなるという。

「ここベルリンでは、6月26日に6月の史上最高気温となりました」

上昇し続ける気温にどう対処するか、難しい議論が交わされているとユルゲン氏
は言う。冷房が増えればエネルギー使用量も増えるので、二酸化炭素排出量が増
大し、気候変動を悪化させることになってしまう。

同氏によれば、ドイツ人の大半は気候変動への対策を強化することを望んでいる。
一方で、窓枠に取り付けるタイプの冷房は売れに売れている。

ヨーロッパ全土で7万人以上の死者が出た2003年の熱波の教訓は生かされていると、
米ウィスコンシン大学マディソン校の医学史教授、リチャード・ケラー氏は話す。

2003年のパリ熱波について書いた「Fatal Isolation」の著者である同氏は、今年
の死者数は減るはずだと言う。

「フランスはかつてよりもずっと準備をしています。救急システムが整えられて
いますし、危険に対する認知度がはるかに向上しています」

ケラー氏によれば、フランスの学校のほとんどには冷房が設置されていないため、
休校となったところもある。

都市部には涼む場所や仮設の水飲み場が設置され、公園やスイミングプールは遅
くまで営業している。大気汚染により熱波が悪化するため、古い車はパリに入る
ことを禁止された。

大気汚染の軽減は、6月28日にパルク・デ・プランス・スタジアムで行われた女子
サッカーワールドカップのフランス対米国戦を現地で観戦したサポーターにとっ
てはせめてもの救いとなったかもしれない。

「熱中症を心配しないといけないのは、トップアスリートたちよりもむしろ、サ
ポーターのほうです」とケラー氏は話す。

コメント(0)