So-net無料ブログ作成

明日は台風一過の猛暑 首都圏 [気象]


東京は9月なのに36℃と予想

天気が回復すると強い日差し
フェーン現象が発生し、首都圏では急激に気温が上昇

東京36度、横浜35度、埼玉37度、水戸33度、宇都宮34度、前橋36度

--
何時だったか関東に上陸するやいなや
蹴散らされて東北沖を急北上した怪しい台風があったが、

明日は台風一過の猛暑。
明日のJR、点検のため首都圏全線8時まで運転見合わせとか・・

---
2019/09/08

首都圏:台風のち猛暑 東京は9月なのに36℃予想と危険な暑さ
weathernews

強い台風15号が今日8日(日)の深夜から明日9日(月)未明にかけて関東エリアに
上陸する見込みです。首都圏では明朝にかけて大荒れになり、交通機関・週明け
の出勤に大きな影響が出るおそれも。

明日の午前中には台風は首都圏から去り、その後急速に天気が回復し、
午後は猛暑になる恐れがあります。


天気が回復すると強い日差しが照り付けます。
また、乾いた北西風が吹きつけることでフェーン現象が発生し、
首都圏では急激に気温が上昇。

明日9日(月)午後は体温並みの危険な暑さになり、
東京の最高気温は36℃の予想。

9月の東京で36℃に行くと、19年ぶりのこととなります。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

汚染水の放出計画 撤回促す北朝鮮 [環境]


溜まりにたまったフクイチ汚染水
処分方法には「薄めて海に放出する」選択肢が含まれている。

--
韓国の言動に同調したのか、珍しく北朝鮮が
汚染水放出を「反倫理的犯罪行為」とし、放出計画を直ちに撤回するよう促した。

対南宣伝メディア「わが民族同士」は1日「核災難を起こそうとする島国
種族の反倫理的蛮行」という見出しで論評。

--
わが民族同士は

「世界には原発を運営する国々が少なくないが、自国の利益のために他の国々と
民族の生存まで脅かして核汚物をむやみに捨てるという国はただ島国の野蛮である
日本しかない」として

「過去、わが民族に推し量ることのできない不幸と苦痛を強要した島国種族が今日
では放射能汚染水で核災難を起こそうとしていることに対してすべての同胞が怒り
で震えている」と非難

--
汚染土を全国拡散、更には再利用の道まで作った現政権。
昨年で限界までわずか14万トン程度と言われていた汚染水、無言のまま
既に垂れ流ししていることも考えられる。そして後から漏水の報道・・

現政権で汚染土もこうしなければ持ち堪えてこれなかった日本の重い
現実がここにある。


--
フクイチ汚染水「薄めて海へ放出」で大丈夫なのか?2
voice74 2018-11-28

汚染水はたまりにたまり、原発敷地内での貯留は限界に近い。
容量の限界までわずか14万トン程度

フクイチ汚染水「薄めて海へ放出」で大丈夫なのか?

「核災害で発生した廃棄物で、これほどの量を意図的に海洋放出することは
前例がなく、環境・市場・国際的影響は予想できません」

「原発の敷地外にもタンク用地を確保するなど、早急に対策をとるべきです」


--
フクイチ汚染水「薄めて海へ放出」で大丈夫なのか?
voice74 2018-11-17

原発事故の「アンダーコントロール」発言は多くの人が知るところだ。
だが放射能汚染水の問題は全く「アンダーコントロール」されていない。


「タンク容量は上限137万トンとされていますが、台風などでの水の急増やALPS運
用に必要な容量を差し引くと、約126万トン。現在、約112万トンの汚染水があり、容量の
限界までわずか14万トン程度に迫っています」

処分方法には「薄めて海に放出する」選択肢が含まれていたため3会場はいずれも
紛糾、エネ庁や小委員会への批判、海洋放出への反対意見が圧倒的多数を占めた。


---
2019年09月02日
北朝鮮「日本の放射能汚染水の放出反倫理的犯罪…直ちに撤回を
中央日報

北朝鮮が日本の福島原発の汚染水放出問題について初めて立場を明らかにした。
北朝鮮は汚染水放出を「反倫理的犯罪行為」とし、放出計画を直ちに撤回するよう
促した。

北朝鮮の対南宣伝メディア「わが民族同士」は1日「核災難を起こそうとする島国
種族の反倫理的蛮行」という見出しの論評で「安倍輩党は全体朝鮮民族と国際社会
の厳重な警告を肝に銘じ、むやみに軽挙妄動してはならず、放射能汚染水を海に放
流させようとする計画を直ちに撤回しなければならない」と明らかにした。

また「万一、日本が放射能汚染水を海に放流させる場合、数カ月で済州道(チェ
ジュド)付近海域まで汚染され、1年内には朝鮮東海全水域が、後ほどには太平洋
全体が汚染されて人類に深刻な被害を与えることになる」と添えた。

メディアは国際環境団体の懸念も伝え、日本に向かった批判の度合いを高めた。
「国際環境団体の懸念の通り、朝鮮東海が死の海に、人類の災難に変わる場合、
その被害の第一の対象が朝鮮半島になるというのはあまりにも自明だ」とした。

わが民族同士は「世界には原発を運営する国々が少なくないが、自国の利益のた
めに他の国々と民族の生存まで脅かして核汚物をむやみに捨てるという国はただ島
国の野蛮である日本しかない」として

「過去、わが民族に推し量ることのできない不幸と苦痛を強要した島国種族が今日
では放射能汚染水で核災難を起こそうとしていることに対してすべての同胞が怒り
で震えている」と非難した。

また「北と南、海外の全体の朝鮮民族は島国種族の反倫理的犯罪行為によってわ
が青い海が核汚物で汚されることを絶対に容認しないだろう」とし、

「この機会に積もりに積もった怨恨を総爆発させて安倍輩党を断固として懲罰する
だろう」と警告した。

一方、先月、国際環境団体グリーンピースのショーン・バニー独事務所首席原子
力専門家は「エコノミスト」の寄稿文を通じて「安倍内閣と東京電力が福島第1原
発にたまっている高水準放射性汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画を
推進している」として「特に、韓国は危険から抜け出すことが難しい」と主張した

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自然災害に脆弱な北朝鮮 台風13号で幹部らを叱責 [気象]


「台風13号が朝鮮半島を貫通し、強い中型級に発達することに関連して刻一刻、
全国的に莫大な被害が発生すると予想される危険な状況が押し寄せているが、

党と政府の幹部から中央と地方の活動家に至るまでその深刻さを悟れず、
安逸な認識にとらわれて無為無策で旧態依然とした態度を取っている」


--
莫大な被害が発生すると予想される中の無為無策,嵐の後に
タラタラしてんじゃねーよ!と「血の雨」を降らせる可能性

北朝鮮に恵みの雨をもたらしてくれるという方も居るが・・
台風被害も「血の雨」もなきように。

---
2019/09/07
台風より怖い金正恩氏が嵐の後に降らせる「血の雨」
news.yahoo

北朝鮮の朝鮮労働党中央軍事委員会は6日午前、非常拡大会議を緊急招集し、非常
に強い台風13号(レンレン)の襲来に備え、国家的な非常災害防止対策を討議した


これに先立ち、国営朝鮮中央通信は5日、台風13号によって同国の広い地域が豪雨
などに見舞われる可能性があると伝えた。


女性芸能人を処刑場に

それによると、台風13号は7日、「黄海南道(ファンへナムド)付近に到達した後、
黄海南・北道、平安南道(ピョンアンナムド)、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の
内陸を経て8日午前頃に咸鏡北道(ハムギョンブクト)付近を通り過ぎると見られ
る」という。

またこの際、「7、8の両日、東・西海岸のほとんどの地域に50~100ミリ、特に
咸鏡南・北道の一部の地域で200ミリ以上、平安北道、黄海南・北道の南部地域で
150ミリ以上の豪雨を伴う多量の雨が降り、慈江道、両江道の一部の地域を除いた
全国の各地域で10メートル/秒以上、局部的に15~20メートル/秒以上の強風が吹
く」としている。

自然災害に脆弱な北朝鮮は、台風によって毎年のように甚大な被害を受けており、
相当なダメージを免れないものと見られる。

そのような危機が迫る中、党中央軍事委の非常拡大会議を指導した金正恩党委員長
は、次のように述べて幹部らを叱責したという。


「台風13号が朝鮮半島を貫通し、強い中型級に発達することに関連して刻一刻、
全国的に莫大な被害が発生すると予想される危険な状況が押し寄せているが、
党と政府の幹部から中央と地方の活動家に至るまでその深刻さを悟れず、安逸な
認識にとらわれて無為無策で旧態依然とした態度を取っている」


これを聞いた幹部たちは、台風よりも金正恩氏の怒りに命が縮む思いだったろう。
いや、単に「縮む思い」だけでは済まないかもしれない。台風被害の大きさ次第で
は、複数の幹部が本当に「命を縮めて」しまう可能性が高い。

北朝鮮当局は最近、制裁不況で治安が悪化していることを受けて、一時手控えてい
た公開処刑を再び活発化させている。そこには、大衆の不満を体制に向けさせまい
とする意図もあるのだろう。

金正恩氏は、自分が気に入らない部下たちを大勢処刑してきた。そしてその残酷な
処刑場面を、女性芸能人らに無理やり「見学」させた独裁者であることを忘れるべ
きではない。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国産初のジェット旅客機 [経済]


空の世界は「ABC競争時代」へとなりつつある中、日本産ジェットの大型受注に
向けてというニュース。空の世界でのビジネスに参入しようと日本も躍起である。

それが国産初のジェット旅客機「三菱スペースジェット」。70席クラス100機の
受注に向けてとしている。

三菱航空機はこれまで、90席クラスの400機余りを受注した。

---
空の世界は「ABC競争時代」へ
voice74 2019-08-21

欧州のエアバス(Airbus)米ボーイング(Boeing)中国(China)

中国国産のC919型旅客機の開発が進んでおり2021年に航空会社へ販売となる。
今年3月時点で航空会社28社から815機の受注。

中国が食い込み「ABC競争時代」が本格化する

何よりC919の価格は、同規模のエアバスA320、ボーイング737より大幅に安い
5000万ドル(約53億円)、一気にシェアを伸ばす可能性が高い。

---
2019年09月06日
初の日本産ジェット 大型受注に向けて米航空会社と協議
sputniknews

三菱航空機は、国産初のジェット旅客機「三菱スペースジェット」の主力機種とし
て開発する70席クラスの機体100機の受注に向け、米国の航空会社と協議を進める
ことで合意したことがわかった。NHKが報じた。

三菱航空機は米航空会社「メサ航空」との間で、座席数70席クラスの機体100機の
受注に向け、価格などの具体的な協議を進めることで合意した。2024年の納入を目
指して協議を進める方針で、受注が実現すれば4000億円規模の売り上げになる見込
み。

三菱航空機はこれまで、90席クラスの400機余りを受注したが、世界最大の市場と
される米国で需要が高まる、70席クラスの機体を新たな主力機種と位置づけ、開発
に力を入れている。

三菱スペースジェットは相次ぐトラブルで初号機の納入が当初の計画から7年遅れ
の来年半ばまでずれ込んでいる。この機種では初めてとなる大型の受注を実現し、
受注拡大にはずみをつけられるか注目を集めている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感