So-net無料ブログ作成

ダムにより河川の歴史が空白 [災害]


河川にダムという発想が入って以来、河川に大流量の歴史が刻まれていない。
新たな堤防強化策検討するも、今回の経験値に頼っていては極めて危険。

--
人類の歴史、國の歴史が始まって、この治水に悩まされ続けてきたのは事実だ。

複数の國を経て海に流れる大陸の治水、日本列島のように山岳部から海までの
距離が短い、勾配のきつい河川では考え方も変わってくるだろう。

--
気象状況で流れる水の量が変わるのを緩和するダムも、距離が短い勾配のきつい
河川ならではのものだが、自然に出来た水の流れるルートにはダムという発想が
加味されていない。

大雨で大量に放流すると、当然自然に出来た水の流れるルートには無理が生じる。
河川の歴史が、ダムという発想が入って以来、大量に水が流れる、流れの歴史が
空白になっているのだ。

--
財政的にも厳しい状態で、更なる大量の放流に耐える、無理の生じない
堤防の強化をしなければならない。

操作庁も台風の巨大化を語っていることから、並大抵の堤防強化では済みそうにない
感じがする。今回の経験値に頼っていては危険だろう。

--
また、ダムの放流は大量に水が流れる、流れの歴史を刻むため、無理が生じること
を肝に銘じて、慎重に期すことが望まれる。

--
閣議決定で「未曽有の事態」として危機感を示し国土交通省が動き出すも
国交省が保有しているXバンドレーダーは米軍の傘下にある。操作庁も然。
更には緊縮財政をうたう財務省を通して懐を握られているのは周知の事実。

さてさて、日本崩壊の序章にならないといいが・・


---
2019/10/16
国交省、新たな堤防強化策検討へ 激甚化する水害に対応
headlines.yahoo/毎日新聞

台風19号により国管理を含む河川の堤防が相次いで決壊したことを受け、国土交通省は、
新たな堤防の強化策の検討を始めた。

決壊数が5県の25河川37カ所だった西日本豪雨(2018年7月)を大幅に上回る7県55河川
79カ所(16日午前5時現在)に上る「未曽有の事態」(赤羽一嘉国交相)となり、
従来の対策だけでは気候変動を背景に激甚化する水害に耐えられないと判断した。


今後、有識者による決壊の分析を踏まえ、堤防のかさ上げだけでない抜本的な対策に乗り
出す構えだ。

西日本豪雨や台風21号(18年9月)などを受け、政府は同年12月、「防災・減災、国土強
靱(きょうじん)化のための3カ年緊急対策」を閣議決定。

国交省は20年度までの予定で、堤防を越える「越水」で削られやすい河川反対側の
「のり尻」の強化などの整備を進めてきた。川底の掘削で堤防を高くしたり、河川沿い
の遊水地を整備したりもしている。

さらに一部河川で流れを変える工事に着手。西日本豪雨の被災地、岡山県倉敷市では、
本流の高梁川と支流の小田川の合流点で、両河川の水位が高くなる時間が重なり、支流
の小田川の水が流れにくくなる「バックウオーター現象」が発生、堤防が決壊した。

これを受け、流れの良い下流に合流点を付け替える工事が行われている。台風19号によ
る決壊箇所の一部でもバックウオーター現象を指摘する声が出ている。

国交省幹部は「堤防を元の形に戻すだけでは被害を防げない。同じことを繰り返さない
抜本的な方策を考える必要がある」と話す。

氾濫危険水位を超過した河川数は、14年の83河川から18年には474河川まで急増。
赤羽国交相は15日の参院予算委員会で「最近の気候変動によって、災害が激甚化・頻発化
し、被害規模も甚大化している」と危機感を示した。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

タワマン停電は想定外か [災害]


近年は住みたい街ランキングで常に上位に入る武蔵小杉。
駅前に複数のタワーマンションが林立する。

地上47階、地下3階のマンションは600戸以上が入居し、約1500人が暮らす。

ところが快適さ上位に入る武蔵小杉のタワーマンションには、想定外と思える
停電や断水の被害が続出している。

--
「こんなことは想像もしていなかった。電気系統が地下にあるのも初めて知った」

「断水でトイレが使えず、知人の家やコンビニエンスストアで借りている。子どもの
学校があり避難は考えていないが、いつまでこの生活が続くのか」

--
これで思い出すのは311の時の福島原発、非常電源用のディーゼルが津波で浸水のため
稼働できなくなったことだ。冷却水が送れなくなったことによる被害は甚大だと記憶する。

タワーマンションの停電、断水は、多くのマンションもそうであるが、電気系統が地下
にあったり、下層階にあることによるものだ。

福島原発の立地もそうだったように、安い費用で作り利益を上げるコスパの考えが
ビジネスには付き物だが、人間第一の考えが欲しいところだ。


---
2019/10/16
菅官房長官がタワマン停電対策「検討」
headlines.yahoo/毎日新聞

菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、台風19号により川崎市などのタワーマンショ
ンで地下の配電盤が浸水し停電や断水が発生していることについて「対応すべき点がな
いか、政府全体でしっかり検証していきたい」と述べ、対策を検討する考えを示した。

菅氏はまた、「災害対策については、不断の見直しが必要だ」と強調。そのうえで、
注意喚起や避難勧告などの住民への情報周知に関しても「今回の災害から学ぶべき教訓
が極めて大事だ」とし、検証する方針を示した。


---
2019年10月15日
「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ
mainichi.jp

台風19号では、首都圏で近年増えているタワーマンションの住民も打撃を受けた。

川崎市の武蔵小杉駅前では、地下にあるマンションの電気システムが浸水するなどし、
停電や断水の被害が続出。4日目を迎えた15日も多くの住民が不便な暮らしを強いられ
ている。


武蔵小杉はJRや東急東横線など複数の路線が乗り入れ、近年は住みたい街ランキングで
常に上位に入る地域。駅前に複数のタワーマンションが林立する。

マンションの地下にたまった水をポンプで排出していた。前の街路樹はまだどろをかぶっ
ていた=川崎市内で2019年10月15日午後2時49分、吉田卓矢撮影


駅から数分の地上47階、地下3階のマンションは600戸以上が入居し、約1500人が暮らす。
15日午後も停電、断水が続き、マンション前の路上には何本ものチューブが地下の駐車場
へ伸び、水の排出が進められていた。



両手にスーツケースとバッグを持って出てきた50代女性は8階在住で「まだ何日もかかり
そうなので、友人のマンションのゲストルームなどを転々としている」。エレベーターが
停止し、真っ暗な階段を使って荷物を運んでいるといい、「こんなことは想像もしていな
かった。電気系統が地下にあるのも初めて知った」とため息交じりに語った。



21階に暮らし、リュックを背負って出てきた男性(75)は、14日から近くのホテルに
夫婦で避難中で、荷物を取りにいったん戻ってきたという。「街歩きが趣味でよく歩いて
いるが、やはりしんどい。上階は一部電気が復旧したが、私たちの部屋は1週間程度は状況
は変わらないようなので、ホテルで過ごすしかない」と疲れた表情で語った。


マンション近くには宅配業者の車が停車。業者の男性は「このマンションだけで20個以上
の荷物がある。1軒ずつ電話し、住んでいる人は下まで取りにきてもらう」。避難して連
絡がつかない住民もおり、困惑した様子だった。

近くの別のマンション(22階建て)も停電中。夫と子ども2人の家族4人で9階に暮らすパ
ートの女性(38)は「断水でトイレが使えず、知人の家やコンビニエンスストアで借りて
いる。子どもの学校があり避難は考えていないが、いつまでこの生活が続くのか」と語っ
た。

不動産調査会社「東京カンテイ」によると、全国にある20階以上の高層マンションは2018
年12月時点で1289棟(首都圏702棟)。住宅ジャーナリストの榊(さかき)淳司さんは
「タワーマンションは停電になると、エレベーターが使えず、断水にもなり、著しく不自
由なコンクリートの箱になる。

地下に配電設備を置いているマンションは多く、自分のマンションが防水の仕組みが十分
かチェックし、水害に備えるべきだ」と指摘する。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台風の巨大化を語る [災害]

「台風19号 南東海上に「水蒸気帯」発達台風が引き込む 将来的に巨大台風増加も」
として台風を巨大化していくことを語る操作庁。

アメリカ大陸を襲うハリケーンの規模に魅せられたか、達しがあったか、
台風巨大化のセオリーが実しやかに語られる。

--
水温が平年より1、2度高い27~28度だったため8日にかけて中心気圧が
915ヘクトパスカルまで急降下。24時間で急発達する「急速強化」が起きた。

「列島へ“直送”された湿った空気は山地にぶつかって雨雲となり、記録的な大雨と
なった。地球温暖化で強力な台風の発生確率が高まる恐れも指摘される」


--
将来的に巨大台風増加は「水蒸気帯」を台風が引き込んでいくからと、
将来、巨大台風が増える理屈を操作庁が語る。
海面水温が高いのは温暖化によるものとなっている。

また「列島へ“直送”された湿った空気は山地にぶつかって雨雲になり、記録的な大雨」
とは線状降水帯と同じように局地的大雨を降らす理屈だ。

--
巨大台風も自然のものと思わせつつ、人為的温暖化と相まって大峠に向かって
日本人壊滅作戦として巨大な台風という武器を充実させようとしている。

「〇〇を制する者は世界を制す」の如く海水温が握られながらも、この大峠を
超えるのは至難の業だが、この時代の生き証人として語るべく生きたいものだ。


---
2019/10/15
台風19号 南東海上に「水蒸気帯」発達台風が引き込む 将来的に巨大台風増加も
headlines.yahoo/産経新聞

台風19号は海面水温の高い海域で急発達する「急速強化」を経て、東南海上に暖かく
湿った空気を引き込む巨大な水蒸気の流れ(水蒸気帯)を発生させていた。

列島へ“直送”された湿った空気は山地にぶつかって雨雲となり、記録的な大雨となった。
地球温暖化で強力な台風の発生確率が高まる恐れも指摘される。


台風19号は本州の南東約1800キロで発生し、8日にかけて中心気圧が915ヘクト
パスカルまで急降下。24時間で急発達する「急速強化」が起きた。通常は北上して海水
温が下がると衰えるが、19号は列島南岸に至るまでの水温が平年より1、2度高い27
~28度だったため、勢力を維持し、ピーク時は米国で最強クラスに分類される「スーパ
ー台風」レベルの猛烈な勢力となった。


気象庁によると、19号の東側では数千キロにわたり暖かく湿った空気を熱帯から引き込
む水蒸気帯が発生。湿った気流は太平洋高気圧の縁を回る気流の影響を受けてまっすぐ北
上。列島付近で南東風となり東日本の山地で上昇気流となって雨雲が次々と発達した。


こうした水蒸気帯は台風と同時に生じることがあるが、気象庁アジア太平洋気象防災セン
ターの永戸久喜所長は「今回は特に勢力が強く、かなり大規模な水蒸気量が川のように流
れ込み、山地へぶつかったのではないか」と分析する。


今後、温暖化で強力な台風が増える恐れもある。国連の報告書では、地球温暖化が今のペ
ースで続くと世界の平均気温が約20年後に18~19世紀の産業革命前より1・5度上
昇する恐れがあるとされる。

国立環境研究所地球環境研究センターの江守正多(せいた)・副センター長は
「一般に海水温が1度上がれば、その分だけ台風の勢力は強くなる。

温暖化により今回と同じか、それ以上の勢力の台風の襲来率が上昇するのは明らかだ」
と警鐘を鳴らしている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/10の予測 死者8000人 [災害]


煽るような予測だが根拠と超危険エリアを指摘。
東京が洪水になれば実際の犠牲者は8000人どころではない。

「悪いことに12日の夕方の東京湾は満潮時刻で海面が1~2メートル高い。
これに台風が加わって高さ5メートルの海水が陸に流れ込むことも考えられます。

そうなると海水が川の水をダムのようにせき止めて、墨田区などが大規模な洪水に
なりかねません」土木学会

--
また日本は電柱や電線、トランスのストックが極端に少ないとの指摘もある。

--
今振り返れば、台風19号の予測進路に於いて長い時間停滞していた事が
あったが、あれは勢力の補充と満潮時期に合わせた調整と見ることができる。

台風が上陸してからも、雨雲が発達し続けていたことは、河川の氾濫を予期
していたことによるもので、線状降水帯を作るのと同じ理屈と思える。

ともあれ今回の台風と河川の氾濫は、弱さの暴露となったが、これを教訓に
強靭な国土への変身の足掛かりになることは言うまでもない。

---
2019/10/10
“最凶”台風東京直撃「死者8000人予測」の根拠と超危険エリア
headlines.yahoo/gendai-digital

「水害で死者8000人以上」――。こんな怖い見方も出てきた。
台風19号のことだ。

先月、千葉南部に壊滅的な被害をもたらした15号を超える過去最強クラス。
12日の夕方前後に東京を直撃する公算が大きいという。

  ◇  ◇  ◇

心配なのは千葉で起きたような大規模停電。東京電力も不測の事態を想定している。

「電線は風速40メートルに耐えられるよう設計されていますが、飛来物による過重な
負荷や倒木によって切断される危険性も否定できません。八王子のような樹木が多い地域
を特に警戒しています。このほか家の中に雨が入り込むと、漏電遮断器が働いて長時間の
停電が続くことも考えられます」(東電広報部)


東京都が心配しているのは荒川に近い墨田、江東、江戸川、葛飾、足立の5区。いずれ
も海抜0メートルの地域があるため、以前から豪雨による床上浸水の危険が叫ばれてい
る。

「土地が高いところと低いところが混在している中野区や杉並区なども楽観視できませ
ん。神田川や妙正寺川の水があふれた場合に備えて、各家庭で土嚢を用意するよう呼びか
けています。

強風で看板や屋根瓦、あるいは屋根そのものが飛ぶかもしれないので、不要な外出は控
えたほうが安全かと思われます」(東京都総合防災部)


台風15号は最大瞬間風速が57・5メートルだったが、19号は12日午後3時の時
点で同65メートルと予想されている。超ド級の暴風雨になりそうだ。

「公益社団法人土木学会」が昨年6月に発表した報告書は実にショッキングだ。
1934年の「室戸台風」級の巨大高潮が東京湾を襲った場合、洪水などによる想定死者
数を8000人と試算しているのだ。しかもこの数字を甘いとする声もある。


満潮が重なり大洪水の恐れ

「土木学会は世間に不安を与えないため控えめな数字を出したにすぎません」と指摘す
るのは立命館大環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)。

東日本大震災では自治体の人口の1~9%が津波で死亡した。東京が洪水になれば実際の
犠牲者は8000人どころではないというのだ。


「荒川や隅田川は堤防を強化しているので決壊の危険性は低い。問題はそこに流れ込む
小さな川から水があふれる事態です。悪いことに12日の夕方の東京湾は満潮時刻で海面
が1~2メートル高い。これに台風が加わって高さ5メートルの海水が陸に流れ込むこと
も考えられます。

そうなると海水が川の水をダムのようにせき止めて、墨田区などが大規模な洪水になりか
ねません。この水が地下鉄に流れ込んだら都心も影響を受けます。なぜなら国会議事堂駅
や永田町駅は深掘りしているため、水が線路を伝わって流れ込みやすい。車両用の高圧電
線に触れて人間が感電することもあります」



高橋氏は東電とは別の角度で停電を心配している。東京の地下は5メートルの火山灰の
層でできていて、そこに1メートルの穴を掘って電柱を立てている。
ぬかにクギを刺しているのと同じだから、電柱が倒れやすいのだ。

「倒れた電柱が電線を切断したり、トランスが落下して壊れたりする。困ったことに
日本は電柱や電線、トランスのストックが極端に少ないのです。

だから調達に時間がかかる。千葉県がなかなか停電から復旧できなかったのはそれが
原因です。仮にそうした材料を入手しても電柱工事に使うゴンドラ付きの作業車は数に
限りがあるため、復旧が進まないことが考えられます」

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

語られる台風の記憶 [災害]


最低気圧 895 hPa、最大風速75 m/s、最大風速165 knot(約 85 m/s)
死傷者数 死者 4,697名と記録されている伊勢湾台風。

伊勢に近い所の話では、命からがら二階に上がって難を逃れたと聞く。

「全国にわたって甚大な被害」とあるように、この台風は北海道にも被害が
及んでいる。市中を流れる一級河川、豊平川が氾濫寸前だったとか・・

--
今回の台風19号に対し
政府は「被災地が躊躇せず、全力で応急対策や復旧対策に取り組めるよう、
激甚災害に指定する方向で調査を進める」との方針を示している。


---
台風19号 激甚災害指定へ 安倍首相が対策本部で方針
headlines.yahoo /産経新聞

安倍晋三首相は14日夕、首相官邸で開いた台風19号の非常災害対策本部の会合で
「被災地が躊躇せず、全力で応急対策や復旧対策に取り組めるよう、激甚災害に指定
する方向で調査を進める」との方針を示した。

---

伊勢湾台風 wiki

昭和34年台風第15号、国際名:ヴェラ/Veraは、1959年(昭和34年)9月26日に潮岬に
上陸し、紀伊半島から東海地方を中心とし、ほぼ全国にわたって甚大な被害を及ぼした
台風である。

伊勢湾沿岸の愛知県・三重県の被害が特に甚大であり、「伊勢湾台風」と呼ばれる
こととなった。

---
【コラム・天風録】狩野川台風の記憶
中国新聞社

「すり鉢の底みたいな土地やった」。

戦前の室戸台風に遭遇し、間一髪命を永らえた人から聞いたことがある。
かつて大阪湾岸のゼロメートル地帯にあった、ハンセン病療養所に入っていた

▲その人は少年だった。療養所の青年団の呼集ラッパが鳴り、体が不自由な人を介助す
るため出動。水かさが増し倒れた電柱につかまった。

療養所はコンクリートの炊事場だけを残して壊滅する。
「水害の後もひどいもんや」と、溺死の惨状に語気を強めていたことが思い返される

▲死者・不明者は3千人に及んだが、台風は新生日本をも脅かす。伊豆半島の川の名に
由来する、61年前の狩野川(かのがわ)台風はその一つ。
1200人を超す死者・不明者を出した

▲列島に今迫る台風19号の雨の量が、この狩野川台風に匹敵するという。
川が氾濫した伊豆では今も証言を聞く場があり、ささやかながら資料館がある。

川面より低い土地が広がる東京・北区も、この台風による浸水を語り継いでいて
「今でも危ないみんなの北区」と警鐘を鳴らす

▲気象庁は万全の備えを呼び掛けている。広島辺りでも、立っている人が転倒するほ
どの風が吹く、とは気象予報士の見立て。一人の犠牲者も出すまい。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「地下神殿」の稼働 [災害]


日常生活では目にすることのない首都圏外郭放水路

この通称「地下神殿」と言われる
長さ6.3キロ・内径10メートルの地下トンネルは台風19号による降水で
今年は5回目の稼働をし江戸川へ排出している。

--
首都圏の水難を食い止める「地下神殿」は稼働しているが
今回の台風19号によって氾濫した河川が多く、地域丸ごと茶色の湖と化した
所も少なくなく、河川の治水の甘さを露呈している。

国土の治水工事は国の命、住民の安全の為にも敷居値を上げ強靭な
治水を目指し、河川の氾濫によるリスクを未然に食い止めたいものだ。


---
首都圏外郭放水路 台風19号の影響により今年5度目の稼働
headlines.yahoo /minkei

台風19号の影響により、首都圏外郭放水路(通称「地下神殿」=春日部市金崎)が
10月13日(12時現在)稼働している。


1992(平成4)年に事業着手し、2006(平成18)年6月に大落古利根川から江戸川
までの全区間で通水を開始した同施設。

中川、倉松川、大落古利根川、18号水路、幸松川などの増水した水を地下水路に貯め
て江戸川へ排出する。


放水路は国道16号の地下50メートルに建設された長さ6.3キロ・内径10メートルの地下
トンネル、水を地下に取り込む5つの立坑、水の勢いを弱めスムーズな流れを確保する
調圧水槽、水をはき出す排水機場などで構成されている。

調圧水槽には、1本500トンもの巨大柱59本あり神殿のように見える。

毎年平均7回の稼働数で、2018(平成30)年は、貯留を行ったものの江戸川への排水は
無かった。昨年は4回、今年は今回を含めると5回目の稼働となり、現在も稼働中で
江戸川に排出している。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台風19号の爪痕 [災害]


2016年当たりから世界の異常気象が始まり、その自然の猛威をニュース等で
多くの人が目にしてきたように、大峠に向かいながら、夏、冬共に極端な気象に
なりつつある。

大峠を控えた折にあって、人工台風や人工地震が囁かれて久しいが、これらが眷属神
のような役目を担っているとすれば、気象の異常のみならず、積もり積もった穢れを
浄化しようと、本格化してくると考えられる。

人類も、浄めの意味でフルイにかけられることは言うまでもない。
昨年の西日本豪雨もそうであるが、令和の号令と共に動き出していることを感じる。

--
自然災害の度に治水工事をはじめ、頑強な国土の構築が言われるが、そういう意味で
國として未来に備えた動きと捉えることができる河川の氾濫だ。

混乱があったとしても、台風一過の快晴にみるように、國としては明るい未来が
あることを信じたい。未来に向けた國造りが始まっている。

---
台風19号 東北や関東など複数の河川で氾濫発生
tenki.jp
河川で氾濫.JPG

複数の河川で氾濫発生

台風19号の影響で12日午前中から東海地方や関東甲信で大雨となりました。
台風の北上に伴って強い雨の範囲は12日夜遅くには東北地方に移っています。
この記録的な大雨により、各地の河川が増水し、多くの川で氾濫危険水位に達したほか、

宮城県の吉田川、福島県の宇多川と新田川、栃木県の田川と秋山川、埼玉県入間川流域、
東京都の多摩川、長野県の千曲川などで氾濫が発生しました。

流域にお住まいの方は、市町村からの避難情報を確認するとともに、各自安全確保を
図るなど、適切な防災行動をとって下さい。

---
FNN.jpプライムオンライン
千曲川の堤防決壊で住宅水没 住民の救助活動の現状は

大型の台風19号は、12日夜に伊豆半島に上陸し、台風が通過した地域では大規模な
河川の氾濫が相次いでいる。堤防が決壊した長野県内の千曲川では、住宅に水が押し
寄せ、住民が救助を待っている。救助活動の現在の様子をライブ配信する。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

城山ダム、午後5時の緊急放流見送り [災害]


今後、放流する場合は1時間前に発表するとして見送られた。

--
その後21時に、22時に緊急放流するとの発表があった。

--

緊急放流は過去に例がない城山ダムだが
「洪水調節容量」を上回る水が流れ込むとして
12日午後5時から緊急放流を実施すると発表。

大潮の時期と重なり大規模な水害が発生する恐れがある。

--
これで思い出すのは高知県での讃えるべき「ダム職人」の技だ。

「大規模な水害が発生する恐れがある」としているが、下流のことも考えた
人間の判断で数センチのレベルで」という判断が望まれる。

ゲートの開閉をコンピューター制御のみで実行した場合は下流での被害が
大きいのに対して、「ダム職人」の技がこれを回避してくれるようだ。

--
2019/10/12/16:31
神奈川・城山ダム 午後5時の緊急放流を見送り
headlines.yahoo /abema

神奈川県は台風19号による大雨を受け相模原市の城山ダムで緊急放流を実施する
見込みだったが、当初予定していた午後5時の放流を取りやめた。
今後、放流する場合は1時間前に発表するとしている。

---
讃えるべき「ダム職人」の技
voice74 / 2018-07-17

ゲートの開閉をコンピューター制御のみで実行した場合と

そうでない下流の水位と降雨量の数値を見極めて人間の判断で数センチの
レベルでゲートの開閉を行った「ダム職人」の技が明暗をはっきり分けたような例だ。

地域で条件的な差があるものの、こうした人間の判断を介入させた
「ダム職人」の技が、被災地でありながら他県に災害派遣できる差が出ている。

讃えるべき「ダム職人」の技だ。

---
2019/10/12
城山ダム、午後5時に緊急放流 相模川流域で浸水も
msn.com /カナロコ

台風19号の接近に伴う記録的な大雨で、相模川上流の城山ダム(相模原市緑区)
に「洪水調節容量」を上回る水が流れ込む可能性が高まったとして、神奈川県は
12日午後5時から緊急放流を実施すると発表した。

市はこれを受け、相模川流域で浸水被害が発生する恐れがあるとして、中央、南、緑各
区の浸水想定区域内に警戒レベル4の避難指示(緊急)を発令した。厚木市も避難を呼
び掛けている。

城山ダムでの緊急放流は過去に例がなく、県は「河川の水位が急激に上昇し、大規模な
水害が発生する恐れがある。命を守る行動を取ってほしい」と呼び掛けている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊勢湾台風から60年 [災害]


「被害を後世に伝えていくことがわれわれの責務」と
60年前の伊勢湾台風を振り返り、26日、犠牲者を追悼する式典

--
死者・行方不明者5098人と戦後最悪の台風被害、
「今は情報が昔より分かる ちゃんと避難を」と教訓を語る

---
伊勢湾台風から60年
家族亡くした82歳女性「今は情報が昔より分かる ちゃんと避難を」
headlines.yahoo /東海テレビ

東海地方に大きな被害をもたらした伊勢湾台風から26日で60年です。
各地で犠牲者を追悼する式典が開かれました。


“あの日”から60年…。三重県川越町で開かれた追悼式には遺族ら80人余りが
参列しました。

60年前の9月26日、東海地方を襲った伊勢湾台風。記録的な高潮を観測し、住宅が浸水。
死者・行方不明者5098人と戦後最悪の台風被害となりました。


三重県川越町でも173人が死亡、1人が行方不明となりました。追悼式では城田政幸町長
が「被害を後世に伝えていくことがわれわれの責務」と話し犠牲者の冥福を祈りました。


台風で家族を亡くしたという82歳の女性は、当時を振り返り…。

82歳女性:
「(写真見せながら…)主人の妹、これは主人の弟で私より1つ下。
この子がね、私にしがみついてきて一緒に流れたんだけど。
『姉さん』ってしがみついて離さんのよね。
もう鮮明、鮮明(に覚えている)。背中に赤ちゃんをおぶっていて、(私も)
流れていったの」


未曽有の台風被害から60年…。

82歳女性:
「早めの避難しかないんじゃない?(今は)情報が昔より良いし、昔はテレビもなかっ
たしね」

70歳男性:
「千葉で台風がありましたし。ああいうことは絶対どこかで必ずあるからね。
冷静に対応していかなければいかんのじゃないかな」


また、名古屋市千種区では河村たかし市長ら20人余りが集まり、1分間の黙祷の後、
慰霊碑に花を供えて犠牲者を追悼しました。


1851人が犠牲になった名古屋市。当時小学5年生だった河村市長は…。

河村名古屋市長:

「木造2階建ての2階部分の壁がみんな抜けましてね、半壊になりました。
どえらいおそがかった(恐ろしかった)ですわ、とにかく。
伊勢湾台風がもう一回来たとして、堤防の中に一滴も水が入らんようにしたい」

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生乳産地が重大事態 [災害]


千葉県に大きな被害を出した台風15号。
中でも停電の長期化は至る所で苦渋に晒されている。

--
生乳産地として生産量全国6位を占める千葉県南部の酪農家も
大規模停電で対応に追われている。

・自家発電機を借りに行ったが、在庫がない
・絞った牛乳は保存できないので畑に穴を掘って廃棄
・1日搾乳できなかっただけで乳房炎に
・乳房炎にかかた牛の分は出荷できないから生乳を廃棄
・牛の体調が回復するまで少なくとも半年
・長期化する停電に「離農を検討している」の声

--
南房総でこんな大きな台風や長期停電は初めてで
搾乳する搾乳機、牛乳を冷やせる冷凍機を回せる電気がないことが
重大事態を招いていることが分かる。

---
2019/09/19
大規模停電で千葉「生乳産地」が重大事態
headlines.yahoo /東洋経済ONLINE

台風15号による大規模停電が、古くからの生乳産地として知られる千葉県南部の
酪農家を直撃している。


千葉県は生乳の生産量で岩手県に次ぐ全国6位を占め、年約20万トンの生産規模を持つ
(2017年)。中でも房総半島南部は、日本酪農発祥の地として知られている。

南房総市和田地区で50頭の乳牛を飼育している黒川一夫さん(69歳)は、9月9日未明に
停電が発生して以降、ともに酪農を営む2人の息子と対応に追われている。


絞った牛乳は畑に穴を掘って廃棄

「困ったのは電源の確保。停電発生から間もなくしてレンタル店に自家発電機を借りに
行ったが、在庫がないと言われた。ほかの店から小さな発電機を借りてしのいだが、
発電容量が少ないために搾乳は一頭ずつやるしかなかった。
しかも通常1日2回のところを1回に減らした」(黒川さん)。

しかし、せっかく搾った牛乳は畑に穴を掘って廃棄しなければならなかった。
というのも、発電能力の不足で搾った牛乳を冷やしておくための冷凍機を動かせなかった
ためだ。

平常どおりの1日2回の搾乳と冷凍機を同時に動かせる発電機を借りることができたのは
停電から4日後の9月13日。出荷にこぎ着けたのは翌14日の朝のことだった。

発電機を持っていたことで、停電が起きた後も生乳の出荷を続けられた酪農家もある。

南房総市平久里下地区で70頭の乳牛を飼育する男性(49歳)は、「最悪の事態は免れえた。
発電機1台で50頭を搾乳する搾乳機と牛乳1トン分を冷やせる冷凍機を同時に回せる」と
話す。

ただ、ディーゼル発電機を所有していた酪農家でも苦労は絶えない。「東日本大震災の時
だって停電はせいぜい1日だけだった。

75歳になるが、南房総でこんな大きな台風や長期停電は初めてだよ」。南房総市の山田地
区で祖父の代から酪農を営む奥澤捷貴さん(75歳)は今回の台風のすさまじさをこう語った。

かつて千葉県酪農農業協同組合連合会の会長を務めた奥澤さんは、東日本大震災の後、
地域の酪農家に補助金を活用したディーゼル発電機の購入を呼びかけた。その奥澤さんも
、今回の停電対応には「疲れ果てた」と語る。


「ディーゼル発電機の稼働で搾乳機や冷凍機に電気を送ることはできたが、搾乳機の洗浄
に必要な水道水が復旧していない。水道の復旧には、電力の復旧が必要だという。

山から湧いている水を使ったが、砂利などがパイプに詰まって、搾乳機が頻繁に止まって
しまう。やむをえず、業者に何度も来てもらっている」(奥澤さん)。

奥澤さんが搾乳をできたのは、台風襲来による停電発生から20時間後のことだった。しか
し、短期間でも停電によるダメージは大きかった。奥澤さんは「その間に牛の乳房が張っ
て、痛え痛えって鳴くんだ。

わずか1日、搾乳できなかっただけで3頭が乳房炎にかかってしまった。その牛の分は出荷
できないから生乳を廃棄している。停電さえ起こらなければこうはならなかった」という。

台風と停電による被害が大きい南房総市、館山市、鋸南町、鴨川市の酪農農家が牛乳を
出荷している千葉県みるく農業協同組合南部支所によれば、台風襲来前の9月8日時点で71
トンあった1日の生産量は、台風から2日後の11日に34トンまで落ち込んだ。
16日現在でも59トンにとどまるという。


長期化する停電に「離農を検討している」の声も

みるく農協南部支所には停電に苦しむ酪農家の声が多く報告されている。

「ディーゼル発電機は導入していたが、搾乳機と冷凍機、ファンを1度に動せば、電力が
足りなくなる。まずは搾乳し、次に牛の体調を考慮してファンを回したが、その間に(冷凍
機が動かないため)牛乳が腐ってしまった」

「餌代は毎日かかるが、出荷量の減少により現金収入が著しく減っている」

「乳量を抑えようと餌を減らしているが、牛の体調が回復するまで少なくとも半年かかる。
そこまで資金が持ちこたえられるか。離農も検討している」

冒頭の黒川一夫さんも先行きを危惧している。

「1日1回の搾乳しかできず、牛に大きなダメージを与えてしまった。ファンを回せなかっ
たので熱中症のような症状が出た牛もいる。今いる牛がダウンしてしまうと次のお産が遅
れ、乳量の回復も難しくなる。息子たちに給料を払うのも厳しくなる」

一日も早い停電の解消が求められている。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感